今日の為替6/14

今日のドル円相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果判明やイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見を日本時間15日未明に控え、持ち高調整の円買い・ドル売りがやや優勢だった。重要イベントを前に積極的な取引は手控えられ、次第に膠着感を強めた。
 日経平均株価が下げ足を強めた場面では円買い・ドル売りが増え、11時20分ごろには一時1ドル=109円96銭近辺まで上げ幅を広げた。だが109円台後半では円売りが出て、上値は重かった。10時前の中値決済に向けては国内輸入企業による円売り・ドル買いも出たが、円の水準を押し下げるほどの規模ではなかった。

ひろ日和 in Ameba Ownd

こちらにあるのは日々の記録です。

0コメント

  • 1000 / 1000