今日の為替6/23

 23日の東京外国為替市場で円相場は3日ぶりに反落した。17時時点は1ドル=111円27~30銭と、前日22日の同時点に比べ27銭の円安・ドル高だった。先行きの米景気への懸念がやや後退し、時間外取引で米長期金利が上昇したことなどを受けて円売り・ドル買いが優勢だった。
 ニューヨーク原油先物相場の下落が一服したことも円の重荷となった。原油相場は時間外取引でも底堅く推移。投資家のリスク選好姿勢が戻る可能性が意識され、投資家が「低リスク通貨」とされる円の売りを進めた。
 10時前の中値決済ではドルが不足したもようで、国内輸入企業から円売り・ドル買いが出た。
 9~17時の円の安値は111円43銭近辺、高値は111円22銭近辺で、値幅は21銭程度だった。
 円は対ユーロで続落した。17時時点は1ユーロ=124円40~42銭と、前日17時時点に比べ50銭の円安・ユーロ高だった。対ドルの円安と日経平均株価の堅調推移が円売り・ユーロ買いを促した。
 ユーロは対ドルで続伸した。17時時点は1ユーロ=1.1177~80ドルと同0.0015ドルのユーロ高・ドル安だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

ひろ日和 in Ameba Ownd

アメブロで新機能が追加されてたので、始めてみました。相場のこととかいろいろ書いてます。よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000