今日の為替6/30

 30日の東京外国為替市場で円相場は6営業日ぶりに反発した。17時時点は1ドル=112円02~05銭と、前日29日の同時点に比べ48銭の円高・ドル安だった。29日の米株式相場の大幅下落を受けて日本株にも売りが広がり、日経平均株価は2万円の大台を下回る場面があった。株安で投資家のリスク選好姿勢が後退し、「低リスク通貨」とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。
 きょうは事業法人の決済が集中しやすい「5・10日」(ごとおび)で月末と四半期末にも当たり、国内輸出入企業の売買注文が増えた。輸入企業による円売り・ドル買い注文がやや多かったようだが、円相場を押し下げるほどの規模ではなかった。
 9~17時の円の高値は1ドル=111円73銭近辺、安値は112円16銭近辺で値幅は43銭程度だった。
 円はユーロに対しては7日ぶりに反発した。17時時点は1ユーロ=127円84~87銭と前日17時時点に比べて71銭の円高・ユーロ安だった。円高・ドル安が対ユーロの円買いに波及した。
 ユーロは対ドルで3日ぶりに反落した。17時時点では1ユーロ=1.1411~14ドルと同0.0015ドルのユーロ安・ドル高だった。前日に1年1カ月ぶりのユーロ高・ドル安水準を付け、ユーロの買い持ち高が膨らんだ反動で、利益を確定させる目的のユーロ売り・ドル買いが出た。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

ひろ日和 in Ameba Ownd

アメブロで新機能が追加されてたので、始めてみました。相場のこととかいろいろ書いてます。よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000