今日の為替7/7

 7日の東京外国為替市場で円相場は反落した。17時時点は1ドル=113円71~74銭と、前日6日の17時時点に比べ38銭の円安・ドル高だった。11時すぎに113円83銭近辺と5月15日以来、約2カ月ぶりの安値を付けた。日銀が国債買い入れオペ(公開市場操作)で長期金利を抑える姿勢を示し、利上げを続ける米国とは金融政策の方向性が違うとの認識が改めて広がり、円売り・ドル買いにつながった。
 早朝は前日の米株安を背景に円の買い戻しが先行し、円高・ドル安に振れて始まった。ただ欧米国債利回りの上昇傾向が続いていたうえ、市場の一部では「もし欧米債利回りの上昇が日本国債に波及するようだと日銀は通常の国債買い入れオペ増額や、国債を固定利回りで無制限に買い入れる『指し値オペ』に踏み切る」との警戒感から円の上値は重かった。日銀が10時10分、実際に指し値オペと長期債買い入れの増額を通知するとすぐに円売りが膨らんだ。
 9~17時の円の高値は113円15銭近辺で、値幅(安値と高値の差)は68銭程度だった。
 円は対ユーロでは大幅に反落した。17時時点は1ユーロ=129円86~88銭と前日17時時点に比べ1円22銭の円安・ユーロ高だった。一時130円01銭近辺と昨年2月10日以来、約1年5カ月ぶりの安値を付けた。欧州中央銀行(ECB)が比較的早い段階で金融緩和政策の縮小に動き、日本との金利格差が広がるとの観測から円売り・ユーロ買いに拍車がかかった。
 ユーロは対ドルで反発した。17時時点は1ユーロ=1.1418~21ドルと同0.0067ドルのユーロ高・ドル安だった。ECBの緩和縮小観測が対ドルでもユーロ高を促した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

ひろ日和 in Ameba Ownd

アメブロで新機能が追加されてたので、始めてみました。相場のこととかいろいろ書いてます。よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000