今日の為替7/20

 20日の東京外国為替市場で円相場は小幅ながら3日ぶりに反落した。17時時点は1ドル=112円24~27銭と、前日の同時点に比べ10銭の円安・ドル高だった。国内輸入企業の円売り・ドル買いが出たほか、日経平均株価の上昇を背景に投資家のリスク選好意欲が高まるとの見方から「低リスク通貨」とされる円を売りドルを買う動きもみられた。日本時間の夕方に欧州の主要株式市場が上昇して始まると、円売りが強まった。
 日銀は20日まで開いた金融政策決定会合で、政策の現状維持を決めた。同時に公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で2017~19年度の物価見通しを下方修正し、2%の物価目標の達成時期を「18年度ごろ」から「19年度ごろ」へ先送りしたのも円売りを促した。午後の黒田日銀総裁の会見については「取引材料として目立った発言が出たわけではないが、展望リポートなどとあわせて金融緩和継続の姿勢を改めて示したため外国為替市場はやや円売りに傾いた」(国内銀行)との反応が聞かれた。
 もっとも、円の下値は堅かった。欧州中央銀行(ECB)理事会の結果発表とドラギECB総裁の記者会見を日本時間20日夜に控えて持ち高整理の円買い・ユーロ売りが入り、円買い・ドル売りに波及する場面があった。9~17時の円の安値は1ドル=112円33銭近辺、高値は1ドル=111円77銭近辺で、値幅は56銭程度だった。
 円は対ユーロでは小幅に続伸した。17時時点は1ユーロ=129円12~14銭と、前日17時時点に比べ7銭の円高・ユーロ安だった。対ドルの円売りが強まったのにつれ、円は対ユーロでも次第に伸び悩んだ。
 ユーロは対ドルで続落した。17時時点は1ユーロ=1.1500~04ドルと同0.0020ドルのユーロ安・ドル高だった。ECB理事会などの結果発表を前に持ち高整理のユーロ売り・ドル買いが出た。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

ひろ日和 in Ameba Ownd

アメブロで新機能が追加されてたので、始めてみました。相場のこととかいろいろ書いてます。よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000