今日の為替7/28

 28日の東京外国為替市場で円相場は続伸した。17時時点は1ドル=111円10~13銭と、前日27日の同時点に比べ10銭の円高・ドル安だった。時間外取引で米長期金利が低下(債券価格が上昇)したため、日米金利差の縮小を意識した円買い・ドル売りが優勢だった。日経平均株価の下落が投資家のリスク選好姿勢の後退につながり「低リスク通貨」とされる円を買う動きもあった。
 ただ上値は限定的だった。市場予想を上回った27日の米経済指標を材料視した円売り・ドル買いが上値を抑えた。4~6月期の米国内総生産(GDP)速報値など重要な指標を控えることから、積極的に持ち高を傾ける動きはみられなかった。
 9~17時の円の高値は1ドル=110円87銭近辺、安値は111円16銭近辺で、値幅は29銭程度だった。
 円は対ユーロで4日ぶりに反発した。17時時点は1ユーロ=130円00~02銭と、前日17時時点に比べ35銭の円高・ユーロ安だった。前日まで大きく円安・ユーロ高が進んだ反動で、持ち高整理の円買い・ユーロ売りが優勢だった。
 ユーロは対ドルで反落した。17時時点は1ユーロ=1.1700~03ドルと同0.0022ドルのユーロ安・ドル高だった。対ドルでも持ち高整理のユーロ売りが出た。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

ひろ日和 in Ameba Ownd

アメブロで新機能が追加されてたので、始めてみました。相場のこととかいろいろ書いてます。よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000